社員旅行での、貸切バスの活用法

社員旅行といえば、やはり数人規模から何十人以上もの規模のものまでありますので、その旅行日程やプランのあり方などは実に様々であるといえます。
そして、何といっても団体旅行あるいは団体ツアーなどのようなカタチが一般的ですので、貸切バスのチャーターなどは必須といえるかもしれません。
そうした社員旅行時においての貸切バスのチャーターのやり方に関してですが、まずは一括見積もりをとってみるのが良いでしょう。

一括見積もりをする際には、最初に必要事項をまとめます。
概ね必要になる情報は、利用する期間、発着場所、バスの大きさ、利用用途などです。
料金の決定に大きく関係してくるのは利用期間とバスの大きさの2つです。

まず利用期間に関しては当然長ければ長いほど高くなります。
日帰りの短時間利用であれば運転手は1人となりますが、万全の安全体制を整えるために、一定時間を超えた場合2人の運転手が同行することになります。
運転手が増えればそれだけ料金も上がりますので、あらかじめ頭に入れておきましょう。

バスの大きさも大きくなればなるほど高くなります。
貸切バスには10名前後が乗車可能なミニバスから、60人まで乗車可能な大型バスまで種類が豊富なので、旅行の参加人数に応じて適切な大きさのものを選びましょう。

PAGETOP